「リオ決定だべ」福士加代子3度目の正直でマラソン五輪キップ!選考基準上回る快走

印刷
「リオ決定だべ!ハッハッハッ。嬉しい、ほんとに嬉しい」

   31日(2016年1月)に行われた大阪国際女子マラソンで、歴代7位2時間22分17秒の好タイムで福士加代子選手が優勝した。1万メートルと5000メートルでは、アテネ、北京、ロンドンの五輪3大会連続で出場しているが、マラソンでは経験がない。世界に通用するスピードがあり、「かっとび娘」と呼ばれているが、北京五輪に挑戦した08年には途中で失速し19位、ロンドンを目指した12年1月も終盤に失速して8位に終った。

   3度目の正直でだった福士は、五輪選考基準の2時間22分30秒を13秒上回る快走だった。

「名古屋ウィメンズ」で最後の1枠争い

   司会の夏目三久「リオでは『金』と力強く語ってくれましたねえ」

金メダルも

   3枠あるリオ代表争いのうち、昨年の世界選手権で伊藤舞が内定しており、福士も決まり、残る1枠は3月13日に行われる名古屋ウィメンズで争われる。野口みずき、前田彩里などが有力だ。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中