2018年 11月 16日 (金)

「ベッキー復活難しい」危機管理のプロが分析!これまでのイメージと違い過ぎる

印刷

   あまりベッキーネタには突っ込みたくない「あさチャン!」は、けさ1日(2016年2月)もスポーツ紙の記事を読むだけだった。ただ、いずれテレビに復帰できるのかを、危機管理のプロという日本リスクマネジャー&コンサルタント協会の石川慶子理事の見方として伝えた。

「謝罪会見に臨む姿勢ができていなかったですね。会見は組み立てが大事で、言葉で伝える部分と言葉以外の部分と両方を必要とします。まず、会見場に入ってきたときにジャケットを着ていなくて、あれっと思いました。会見では、表情、目線、服装も含めてトータルでメッセージを発信しないといけないのですが、記者ではなくマネージャーの方をずっと見ていたのが気になりました」

活動休止も「逃げにしか見られていない」

   石川理事はベッキーの復活は難しいだろうと見る。活動休止も「表面的には体調不良なのでしょうが、根本的にはそうではない。行き当たりばったり、逃げの姿勢と見られてしまいますよね。もう売りものにならないでしょう」

   明るいイメージで売ってきただけに、週刊文春に書かれたLINEのやり取りとの落差が大きすぎるというわけだ。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中