長野・温泉宿孤立させた「雨氷」大木に氷びっしり!重み耐えられず折れた

印刷

   長野県の温泉地で150本以上の木が倒れて道路をふさぎ、住民や宿泊客ら270人が孤立した原因は、アカマツやカラマツの枝にびっしりと張りついた氷の重みによる「雨氷」(うひょう)という現象だった。

   上空と地表の気温が0度未満に冷やされ、その間に温かい空気が流れ込むと、落ちてきた氷は途中で雨になり、それが地表付近で再び氷になる。こうなると木々の枝は透明な氷で覆われてしまう。これが高さ120メートルもの大木にびっしり付き、重さに耐えられなくなったのだ。百瀬久村長は「想定外の被害でした」と話す。

枝の5~7倍の重量

   司会の加藤浩次「雪のためかと思ったら氷なのですね。一見きれいだけど、すごい映像です」

雪じゃないんだ!

   現場を取材している阿部祐二リポーターが手にした雨氷は、石のようにバリバリ、カチカチだ。長野県では18年前も倒木被害が出たが、この時は枝の5倍から7倍の重量の氷が付着していた。対策は木を伐採するしかないという。

   松本市の扉温泉にある旅館の女性スタッフによると、午後6時すぎからの夕食の最中に停電になり、ロウソクを灯し、まきストーブで暖をとった。「お客さまには90歳のおばあさんや臨月の女性、3歳の子供もいました」

   バスが入れないため、翌日に全員が2キロ歩いて避難した。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中