サッカー「アジア選手権」強豪・韓国に逆転勝ち優勝!リオ五輪ではメダルも

印刷

   リオ五輪の出場を決め、サッカーU-23アジア選手権としても優勝した日本チームが、きのう31日(2016年1月)に帰国した。空港には深夜にもかかわらず約500人のファンが出迎えた。

   決勝は34戦負けなしの韓国チームと対戦となり、予想通り押されっぱなしだった。2点リードされたが、後半21分に途中出場の浅野拓磨(サンフレッチェ広島)、23分に矢島慎也(ファジアーノ岡山)、36分には再び浅野が立て続けにゴールを決め、劇的な逆転試合となった。

   手倉森誠監督は「五輪の本大会では、メダルに向けて力を注ぎたい」と決意を語った。

毎試合メンバー入れ替えてチームつくり

   司会の加藤浩次「韓国に試合をコントロールされていましたが、選手交代でサッカーをガラリと変えた。チームはセントラル方式の短い期間に強くなったんですね。毎試合、スタメンを7人も8人も入れ替える状況でよくやったと思いますよ。どこからでもゴールできるし、本当にいいチームになった」

強くなったねえ

   この大会では1チーム23人だったメンバーは、オリンピックでは18人となり、オーバーエイジの選手を加えることもできる。選手にはここからさらにサバイバルが始まる。

   加藤「強くなってほしい」

   リオ五輪のサッカー男子は16チームが出場し、8月4日から始まる。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中