甘利前大臣サイド「口利き」あった?UR側に「顔を立てて少し色を付けてもらえないか」

印刷

   甘利明・前経済再生相の現金授受疑惑で、UR(都市再生機構)が1日(2016年2月)に公表した甘利事務所の元秘書とUR総務部長らとの面談内容は、口利きと受け取られかねないやり取りがあった。URは千葉県内の建設会社の移転による補償額をめぐって、建設会社の依頼を受けた甘利事務所の元秘書らと2013年6月~16年1月まで12回にわたり面談していた。

東京地検特捜部、UR職員に事情聴取要請

   15年10月9日の面談メモによると、甘利側の元秘書は「少し色を付けてでも地区外に出てもらう方がよいのではないか」「甘利事務所の顔を立ててもらえないか。何とかお願いしたい」など、補償の増額を求めたと受け取られかねない発言をしている。

   秘書は「圧力をかけて金が上がったなどあってはならない」とも話しており、UR側は「口利きはなかった」と認識しているという。補償額の2億3000万円はURは規定に基づいて算出したという。

   では、建設会社側が補償額の増額の成果もないのに、甘利前大臣に計100万円、元秘書への500万円を渡したのはなぜなのか。「あさチャン!」は肝心な点に触れない。

   現在、保障額が適正だったかどうかを会計検査院が検査中で、東京地検特捜部はURの職員に任意の事情聴取を要請中という。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中