間もなく「バレンタイン」チョコレート凄い実力!記憶力アップ、安眠、二日酔い予防、美肌・・・

印刷

   2月14日はバレンタインデーとあって、あさイチもチョコレート特集である。カカオプロテインやカカオポリフェノールには便秘改善効果や高血圧・認知症予防効果があることはよく知られているが、心配なのは食べ過ぎでカロリーオーバーやカフェイン取り過ぎにならないかということだ。視聴者からのチョコレートの疑問に茨城キリスト教大学のチョコレート博士・板倉弘重名誉教授が答えた。

食べて1時間で記憶力ピーク

   茨城県の15歳の女性から「テストの前にチョコを食べると成績が上がります」、46歳の主婦からも「手話を勉強していますが、チョコレートを食べながらだとよく覚えられます」というファックスが来た。

   三輪秀香アナ「チョコレートで記憶力がアップするというのは、ウソ・ホントどっち?」

   板倉教授「ホントです。ポリフェノールとカフェインで脳が活性化するので記憶力がアップするのです」

   ゲストの山口もえ(タレント)「それって、お勉強する前に食べるのがいいんですか。それとも後ですか」

   板倉教授「そりゃあ、前ですね。食べてから1時間目ぐらいが一番効きます。3時間たつとなくなります」

   このほか、抗炎症作用、抗菌作用があるのでのどの調子もよくなる、セロトニンが含まれるのでイライラを抑えたり、カフェインにとくに弱くなければ眠りに誘う効果もあるという。

有働由美子「どのくらい食べれば二日酔いにならないの」

   有働由美子キャスター「これ、一番聞きたかったんですけど、酒酔いに効くって、それはどうなんですか」

   板倉教授「これもホントですね」

   有働「いやいや、チョコレート食べながら飲んでますけど、絶対酔いますから」

   柳澤秀夫キャスター「酒酔いにいいといっても、酒に酔わなくなるという意味と、二日酔いにならないという両方の意味があるよね」

   板倉教授「肝臓の酵素の働きを良くしてくれるので、アルコールの分解を早めてくれるんです」

   井ノ原快彦キャスター「そうか、二酔いしにくいということなんだね」

   有働「お酒1合に対してどのくらい食べれば・・・」

   井ノ原「そんな具体的な話じゃなくてさあ。先生も困ってるよ」

   有働「すみませんでした」

   ゲストの優香(女優)「撮影中によく食べたりするんですけど、肌が荒れるとかニキビができるとか言われるんですけど・・・」

   板倉教授「ミルクや砂糖ばっかりのものはそうでしょうね。高カカオのものならそんなことはありません。かえって肌に潤いが出ると思います」

   バレンタインデーにもらわなくても、毎日チョコレートを食べるのはいいようである。

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中