堀江貴文、北海道民になった理由を詮索され「本当皆下らない想像しかしませんね」

印刷

   堀江貴文が昨(2015)年12月から北海道大樹町に住民票を移していたと2月3日(2016年)に報じられると、ツイッターユーザーが堀江に、何か思惑があるのではないかとさまざまな質問をぶつけた。しかし堀江は「下らない想像しかしませんね」などと一蹴している。

   東京には戻ってこないのか、と聞かれると「ん?住民票移しただけだよ笑」と答えている。北海道知事選に立候補してはどうかと言われると、「絶対やらない」「出るわけないやん笑」と歯牙にもかけない。

   他にも、町長選に出るつもりではないかなどといった声が出ると、堀江は「本当皆下らない想像しかしませんね。やるわけ無いし。頭悪すぎ。なんでそんな面倒臭い何の得にもならん事するわけ?」と否定し、「あーほんとバカばっか」と言っている。

   大樹町には、堀江が創業したロケット開発を手がける会社があり、自身もたびたび訪れるなど、かねてから縁があるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中