2018年 9月 23日 (日)

堀江貴文、北海道民になった理由を詮索され「本当皆下らない想像しかしませんね」

印刷

   堀江貴文が昨(2015)年12月から北海道大樹町に住民票を移していたと2月3日(2016年)に報じられると、ツイッターユーザーが堀江に、何か思惑があるのではないかとさまざまな質問をぶつけた。しかし堀江は「下らない想像しかしませんね」などと一蹴している。

   東京には戻ってこないのか、と聞かれると「ん?住民票移しただけだよ笑」と答えている。北海道知事選に立候補してはどうかと言われると、「絶対やらない」「出るわけないやん笑」と歯牙にもかけない。

   他にも、町長選に出るつもりではないかなどといった声が出ると、堀江は「本当皆下らない想像しかしませんね。やるわけ無いし。頭悪すぎ。なんでそんな面倒臭い何の得にもならん事するわけ?」と否定し、「あーほんとバカばっか」と言っている。

   大樹町には、堀江が創業したロケット開発を手がける会社があり、自身もたびたび訪れるなど、かねてから縁があるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中