二股騒動・狩野英孝ここでモテる!「鈍感」「勘違い」「愛嬌」「だらしなさ」・・・

印刷

   狩野英孝の「二股騒動」で、「モーニングショー」は当事者であるGカップモデルの加藤紗里を直撃した。「(狩野とは)恋人として付き合っています。彼に疑惑を問いただしたら、『半年前に別れた』と言ってました」などと話し、自信満々な様子だ。

   しかし、「狩野の魅力は?」と尋ねると、慌てて「えっと、『魅力がない』っていうと叩かれちゃうから。別に好きになるのに魅力は(必要)ないですよね」と、何が魅力なのかわからない様子だ。

街の女性「ダメそうだから守ってあげたい」

   世間は「二股騒動」などどうでもよくて、疑問は「どうしてお笑い芸人としても2流の狩野英孝ごときがモテるのか」だろう。街の女性たちは「憎めないし、素なのかって思っちゃう。天然で母性本能をくすぐられる」「頼りになりそうっていうよりは、ダメそうだから守ってあげたいって思わせる感じはありますね」などと話す。

何でしょうか?

   お笑い評論家のラリー遠田氏はこう分析する。「すべったり、ズレていたりをイジられる芸風なのに、それにさえ気づかない鈍感力が魅力で、反感を買わずに愛される理由だと思います」

   野上慎平アナ「たしかに、街の人たちの声を聞くと『イケメンじゃない』と言います。でも、『イケメンじゃないとも言い切れない』というのです」

   司会の羽鳥慎一「どうなの。宇賀さん」

   キャスターの宇賀なつみ「うーん、その通りだと思います」(スタジオ爆笑)

   野上「言葉はおかしいかもしれないけど、ちょうどいい感じらしいんですよね」

   羽鳥「愛嬌という言葉がありますが、愛される感じは分かりますよね」

二人の女性が「切り捨てられない奇妙なの魅力」

   野上「街の女性たちに『狩野さんのことをどう思いますか』って聞くと、『ああ、あのダメな感じの人でしょ? どこがいいんでしょうかね』と言って少し考えて、『あ、そこがいいのかな』となるんです」

   宇賀「たしかに、『イケメン』って出てきたときは、オッと思いましたけど、ず~っとやってますもんね」

   野上「息が長いと表現していいのか」

   話がグダグダになってきたところで、最後は漫画「だめんず・うぉ~か~」の作者・倉田真由美氏がこう締めくくった。「狩野さんがモテるのは意外ではありません。騒動で浮上している二人の女性には『ダメ』と切り捨てられない部分があったのでしょう。つまりは『だらしなさ』も魅力ということです」

ビレッジマン

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中