2018年 11月 21日 (水)

「台湾地震」ビル倒壊!地元では知られていた欠陥・・・自分は住まず賃貸

印刷

   台湾南部でおととい6日(2016年2月)に起きたマグニチュード6・4の地震は35人の死亡が確認され、54時間以上たったいまも110人以上の安否がわかっていない。救出された住民は「夜中に大きな揺れが2回あった。すべての物が落ちてきた」「恐かった。窓を開けると、車が全部、ビルにつぶされていた」「2階の窓から這って出た」と恐怖を語る。

崩れた柱の中に一斗缶ゴロゴロ

   倒壊現場に阿部祐二リポーターがいた。「私がいま歩いているところは大通りなのですが、ご覧ください、ビルが倒壊して道をふさいでしまっています。山のような瓦礫のかたまりです」

欠陥でしょう

   周辺で崩れたのはこのビルだけで、地元メディアは「ビルに構造上の欠陥があったのではないか」と報じている。崩れた柱の中に一斗缶が多数詰められているのが見える。コンクリートの使用量を少なくしようとしたことは明らかだ。台南市職員は「デザインの柱なので影響はない」としながらも、「ビルの耐震強度はあまりない」と手抜き工事の可能性を調べると話す。建設会社は工事中に倒産し、この会社が関わった他の建物も倒壊しているという。

   司会の加藤浩次「周りを見ると、ビルに構造上の欠陥があったと思ってしまいます」

重機使えず進まぬ救助

   ビルの1階には電器店など商店が入り、中高層階はマンションだが、欠陥ビルの噂は地元では以前から知られていた。部屋を買った人が湿気や水漏れ、亀裂に不安になって自分は住まず、賃貸に出していた。

   加藤「救助はどうなっていますか。この状態では重機は使えないですね」

   阿部「崩れそうなところを支えながら続いています」

   タイムリミットの72時間が迫っている。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中