2018年 11月 21日 (水)

「台南地震」手抜きビル倒壊!柱の中から一斗缶、細すぎる鉄筋・・・震度5で横倒し

印刷

   先週6日(2016年2月)未明、台湾南部の高雄市近郊を震源とするマグニチュード6・4の地震で、台南市の16階建てのビルが横倒しになった。これまでに32人が死亡が確認され、171人が救出されたが、けが人が500人以上。なお120人以上が不明という。

   ビルは大通りに面した1階部分に商店があって、アーケードのようになっていた。数本の柱が折れたためビル全体が道路上に倒れこんだらしい。上階はマンションになっていて、春節前で実家に帰った人など300人以上がいたとみられている。

工事中に建設会社倒産のいわくつき建物

   地震直後のカメラ映像があった。地震発生から10秒後、建物の前に駐車していた車を飲み込むようにビルが倒れこみ、あたりは粉塵で何も見えなくなった。その後、水道管の破裂であたりは水浸しになった。震度5というから特に強い地震だったわけではない。

考えられない

   救助活動は直後から始まり、倒れて上側になった部屋から続々と住民が救出された。救助活動は夜を徹して続くが、ビルの下側になった部屋には救助隊も入れず手が出せない。生存限界と言われる72時間まであと1日、状況は非常に厳しい。駆けつけた大勢の家族も、ただ祈るしかない状況だ。

   ビルは築21年だが、専門家によるとコンクリート柱の鉄筋が細く、一部では柱の中から一斗缶が出てきた。この建物は1999年の台湾大地震ときも危険性が指摘されていたという。建設会社が工事途中で倒産し、なんとか完成にこぎつけたいわくつきの建物だった。責任の追及ができるかどうか微妙だという。

首都圏直下地震、桜島噴火と関連あり?

   司会の小倉智昭「関東地方も先週末から直下型の地震が続いてますが、台湾のこれも直下型でしょう」

   森本さやかアナ「桜島の噴火もありましたが、専門家は関連はないということです」

   小倉「倒壊前の写真を見ると、やはり柱が折れたようですね」

   夏野剛(慶應大大学院特別招聘教授)「最近のビルで横倒しというのはなかなかないですよ」

   石戸奈々子(デジタルえほん代表取締役)「東日本大震災の時に台湾は親身になって支援してくれましたし、日本としてできることがあると思います」

   小倉「日本ではいま震度5くらいではビクともしないが、他人事とは思えません。救助が大変だろうと思います」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中