2018年 9月 26日 (水)

インフルエンザいち早く判定!発症から6時間で診断・・・重症化予防効果

印刷

   国立感染症研究所によると、年明けからの急速にインフルエンザ感染が拡大中という。そのインフルエンザを発症から6時間で診断可能という最新の診断システムの導入が広がっている。従来の検査キットだと12時間以内は判定できなかった。「患者さんは熱が出るとあわてて病院に駆け込むが、その時点では陽性に出ない」(池袋大谷クリニックの大谷義夫院長)

写真の現像技術使ってウイルスの目印拡大

   新型は鼻の奥の粘膜の細胞を採取するところまではこれまでと同じだが、写真の現像技術を応用して細胞のウイルスの目印を拡大することができる。これで初期段階のウイルスを発見して、確定診断が可能になった。

tv_20160210183546.jpg

   大谷院長「(診断がつかなくて)放ってくと高齢者などが肺炎を起こしたりするが、そういう重症化を防ぐことができます」

   司会の羽鳥慎一「普通に保険もききますから、今度どんどん広まっていくといいなあと思います」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中