2018年 12月 11日 (火)

スーザン・サランドン豊満黒ブラ見せでボウイ追悼!ネットでは不謹慎と顰蹙

印刷

   1月30日に行われた全米俳優組合賞(SAG賞)の授賞式で、女優スーザン・サランドンはブラ見せドレスで登場して、会場をあっと言わせた。サランドンは、昨年末に亡くなったデビッド・ボウイ追悼のプレゼンターとして登壇した。白のテーラードスーツドレスはシックで落ち着いた装いだったが、胸元からは黒のブラジャーとこぼれんばかりの胸が覗いていた。いくらモノトーンで決めているとはいえ、追悼にはちょっと露出しすぎ。

   ネットではさっそく「69歳のブラトップ姿、イタイ」「だらしない装い。故人への追悼が台なしだ」など、女性ユーザーを中心に批判が起こっている。

Noriko Fujimoto

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中