スーザン・サランドン豊満黒ブラ見せでボウイ追悼!ネットでは不謹慎と顰蹙

印刷

   1月30日に行われた全米俳優組合賞(SAG賞)の授賞式で、女優スーザン・サランドンはブラ見せドレスで登場して、会場をあっと言わせた。サランドンは、昨年末に亡くなったデビッド・ボウイ追悼のプレゼンターとして登壇した。白のテーラードスーツドレスはシックで落ち着いた装いだったが、胸元からは黒のブラジャーとこぼれんばかりの胸が覗いていた。いくらモノトーンで決めているとはいえ、追悼にはちょっと露出しすぎ。

   ネットではさっそく「69歳のブラトップ姿、イタイ」「だらしない装い。故人への追悼が台なしだ」など、女性ユーザーを中心に批判が起こっている。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中