<スミカスミレ~45歳若返った女>(テレビ朝日系)

化け猫の妖術「松坂慶子が桐谷美玲に大変身」貧しく恋もできなかった青春やり直したい!

印刷

   東京メトロの銀座駅構内にずっとこのドラマの巨大ポスターが貼ってあって、いつ始まるかと待ち遠しく思っていたら、ようやくこの5日(2016年2月)にスタートした。

   澄(松坂慶子)は家業の手伝いや身内の介護に追われ、大学進学はままならず、恋愛経験も男性経験もなく、青春を謳歌することなく65歳になってしまった。母を看取った後はひとりぼっちである。そんなとき、家の屏風に封じ込められていた化け猫・黎(及川光博)が飛び出し、その術を使って「人生をやりなおしたい」という澄の願いを聞き入れ、20歳の姿に若返らせた。

いまどきの娘にない魅力・・・惹かれる青年・町田啓太

   澄は如月すみれ(桐谷美玲)と名乗って、憧れの大学に通うことになり、黎は人間に姿を変えてすみれをサポートする。つまり、すみれと澄は同一人物ということになり、体は20歳、心は65歳というちょっと不思議な物語だ。

   すみれのファッションは澄の娘時代のものなので、当然、いまの時代の娘たちからは馬鹿にされ、浮いた存在になる。唯一、優しく接してくれたのは同学年、同じゼミの真白勇征(町田啓太)だった。65歳の澄がバスの中で母の骨箱を落としそうになった時、助けてくれた親切な青年だが、真白はいまどきの娘にはない魅力をすみれに感じてしまう。中身は65歳だが、恋愛経験もなく初心。見た目は20歳で若くて美しいときていて、こんな理想的な女性はいない。

カラオケ初体験!選曲はずうとるびの「みかん色の恋」

   カラオケ初体験で意地悪をされたすみれは、やはり若い子たちとうまく付き合えないと落ち込むが、黎に「あなたは65年間、寝て過ごしてたんですか? なにも感じなかったんですか? なにも学ばなかったんですか? 65歳なら厚かましく生きろ」と諭され、カラオケへ戻る。

   「1曲歌わせて」と歌い出したのはずうとるびの「みかん色の恋」で、20歳の学生たちはだれも知らない。そのうち「いい歌だね」となって、歌い終わると拍手喝采。こうして、すみれのキャンパスライフが始まった。

   たしかに、カラオケはジェネレーションギャップを演出するに格好の道具で、そのエピソードを最初にもってきたのは正解だ。座る時に「どっこいしょ」とつい言ってしまう。そんな世代ギャップのエピソードも楽しみだ。

   網タイツのバニーガール姿「愛の水中花」をセクシーに歌っていた松坂慶子がこんなおばさん役を・・・と思うが、本人は気持ちよさそうに演じている。人の良さがちゃんと滲みでている。桐谷美玲も「NEWS ZERO」でキャスターごっこしているより、こっちのほうが断然いい。

   原作は高梨みつばのコミック。奇想天外なストーリーだけど、胸キュンエピソードもちりばめられており、楽しめる。大人の男向けドラマが多い「金曜ナイトドラマ」だが、今回は女子向けか。(金曜よる11時15分~)

くろうさぎ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中