段取り通り運ばないとイライラ・・・結婚披露宴で痛感したテレビというわが職業病

印刷

   同じ仕事を10年もやっていれば、大なり小なり職業病にかかる。マスコミの仕事に携わって10年以上、痛感したのは妹の披露宴でのことである。段取りを異常に気にするテレビ業界人あるあるをいやというほど自覚することになった。

   わかりやすくテレビの料理番組で説明しよう。材料を切るくだりはやるが、食材の多くは調理の各段階のものが用意されていて、フライパンでこんがりきつね色になるまで炒める説明があった絶妙なタイミングで、ちょうどその状態のモノに差し替える。ソースを入れて15分煮た状態のものを出して盛り付ける。スタジオ出演者には試食用の料理が行き届いている。こういうのを朝の情報番組のコーナーでよく見ると思います。事前に何を準備するか、すべて時間内に収めてわかりやすく伝えるための段取りが重要となる。この世界で私は生きている。

企画てんこ盛り、それじゃあ時間内に収まりません!

   披露宴の流れを見て驚いちゃった。まず2時間半の中でとうてい納まりきらないような構成になっている。私が担当するのは会場を巻き込んだ映像ブロックで、事前に20分はかかると新婦の友人だというプランナーには伝えた。ところが、社長のカラオケ余興や司会者のマジック披露などてんこ盛り。

   しかも、30分時間が延長となるごとに5万円がかかるらしい。ここは是が非でも延長を食い止めないといけない。新婦の姉として正義の味方にでもなったつもりで、修正をプランナーに訴えた。すると、27歳のネェちゃんは涼やかに言う。

「結婚式は押すのが当たり前で、時間内に収める必要はない。もし親族のおじさんが祝いたいから1曲カラオケで歌いたいと言い出したら、それを止めることもできない。だってお祝いごとですから。構成も何が起こるかわからないので、ミッチリ組みません」

   項目しか書かれていないスッカスカの披露宴進行表には、開始時刻と終了時刻しか時間というものが見当たらない。普段、秒単位で時間を刻んでいる身としては戦慄を覚えたが、不安は的中してしまった。

会場の追加料金10万円!テレビだったら致命的な放送事故

   神社の宴会場で行う披露宴、会場スタッフの段取りも悪かったのが原因だ。打ち合わせ日に映像とともに流れを説明したが、披露宴直前にもう1度リハーサルをしてくれとおっしゃる。仕方なく会場用スタッフに再度台本を作り直す。考えたシナリオはこうだ。

   DVDで新郎新婦のプロフィールやエピソードを紹介し、会場にいる友人にインタビューをするというもの。スタッフにはDVD操作と照明の上げ下げ、マイクフォローをお願いした。インタビュー当事者にはもちろん短く一言にしてくれと仕込んではある。一連の流れを一度覚えれば小学生でもできる事だと思っていた。ところが、インタビュー中にDVD再生ボタンを押す、先送りをして違うブロックの映像が流れる、照明を落とすタイミングがずれるなど悲惨なことに。

   あのさぁ、一度リハーサルしたよね、台本手元にあるよね。これがテレビ番組だったら重大かつ致命的な放送事故である。親族席にいるものの、食事どころじゃない。ミスがある度にスタッフに般若の形相で詰め寄る新婦の姉。こんな披露宴聞いたことない。専門職でやってんのになんだこの体たらくは。サービス業じゃねぇのかよと口に出そうなのを必死で赤ワインをぐぐっとあおってガマンする。

   案の定、披露宴は1時間オーバーして終了。後日、新郎新婦の元へは10万円の請求書が届くらしい。段取りの悪さで時間が押したと訴えろと言ったが、新婚さんには手続きが面倒だと幸せモードで断られた。妹に先を越された姉がブーブー言ってると思われてもシャクなので、この辺でガマンしておく。

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中