議員辞職渋る夫・宮崎議員!「辞めるべき」と妻・金子議員!本人は反省まるでなし

印刷

   宮崎謙介衆院議員は先週12日(2016年2月)に行った会見で、「深く、深く、深く、反省し、議員辞職の決意を固めました」と頭を何度も下げたが、本当に悪いと思っているのか怪しくなってきた。

   会見では黒いホルダーに挟んだメモを見ながら話したが、日刊スポーツがその内容をカメラで撮っていた。メモには「A案」と「B案」があって、実際に読んだのは「A案」だった。赤線で消された部分には「妻とはじっくりと話し合いができておりません」などとあった。

   「B案」には大きくばつ印がついていて、そこには「(妻に)叱責された」「力を合わせて頑張ろうと言われた」などとあった。議員辞職ということになったので、「力を合わせて頑張ろう」の方は使えなくなったというわけなのだろう。会見は周到にシナリオが練られた謝罪・反省パフォーマンスでしかなかったということだ。

別の女性との関係も白状「なかったとは申しません」

   会見ではまた、「(女性タレントを)誘ったのは私」「(ほかにも)女性関係がなかったとは申しません」としれっと白状した。

補欠選挙は?

   司会の小倉智昭「(議員辞職でなく)自民党の離党という話もあったらしいけど・・・」

   森本さやかアナ「時事通信の田﨑史郎さんに伺ったら、議員辞職と言ったのは妻の金子恵美議員だったということです」

   小倉「安倍さんも強い意向を示したという話もあるね」

   山崎秀鴎(書家)「育休進めるんなら、不倫なんかするんじゃねぇよと」

   小倉「育休制度を整えようと真面目に取り組んでいる国会議員がいるのに、これでかえって難しくなっちゃった。補欠選挙もどれだけ金がかかるか」

   京都3区の補選は4月12日告示、24日投票になる見通しだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中