大河ドラマ「真田丸」視聴率急落!コメディーのような三谷時代劇に違和感?

印刷

   好スタートを切ったNHK大河ドラマ「真田丸」がきのう14日(2016年2月)の放送の第6話でガクンと視聴率が落ちた。第2話では大河ドラマとしては3年ぶりに20%を超えたが、6話は16・9%で、前話より2%以上のダウンだ。民放のドラマ担当者はこう見ている。

「本能寺の変という大事件を扱っているのに、本能寺の場面はなく、ここ2、3回は真田一族の右往左往ばかり描いているんですね。戦国ものを期待している視聴者は飽きてきたんじゃないだろうか。また、木村佳乃、黒木華、長澤まさみといった女性陣が現代ホームドラマのコメディーのようなキャラクターで、三谷幸喜の脚本らしい面白さだと思うが、年配の視聴者には違和感があるんじゃないだろうか」

   オーソドックスな時代劇を期待している視聴者がどこまで付いてくるか。うまく取り込めれば最近にないヒットとなるだろうし、離れてしまえばジリ貧は免れない。「真田丸」にとって最初のヤマ場だ。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中