新作「ゴーストバスターズ」予告編の予告編ブーイング!本編映像1秒足らず

印刷

   1980年代にブームを起こしたコメディ映画「ゴーストバスターズ」が帰ってくる。街に現れる幽霊を退治するゴーストバスターたちの活躍を描くこの映画の新作は、6月15日(2016年)に全米公開予定だ。2月14日には「GHOSTBUSTERS - Trailer Announcement」というタイトルのトレーラー(予告編)映像がYouTube(ユーチューブ)などで公開されたのだが、ちょっとした物議をかもしている。

   このトレーラーは3月3日に公開される予定のトレーラーの予告という形を取っているからだ。予告編の予告編というわけである。再生時間は30秒足らずで、映画の内容と思われるものは1秒あるかないか。最後には「トレーラー 16年3月3日公開」と大々的に表示されて終わる。

動画視聴者からは「混乱する」

   最近は劇場公開までに何本ものトレーラーが作られることが多く、そのうち初期のものは「ティーザー・トレーラー(特報)」などと呼ばれる。これらは本編映像は少なく時間も短く、思わせぶりなトレーラーだ。ゴーストバスターズの今回のトレーラー予告もティーザー・トレーラーと言えそうだ。

   しかし、通常のティーザーとくらべても内容が薄いうえに、「トレーラー発表」と銘打ったことで、視聴者からは「混乱する」といった批判が出ている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中