くわばたりえ、保育園の環境改善「行政がもっと考えてお金を出して欲しい」

印刷

   お笑いコンビ「クワバタオハラ」のくわばたりえ(39)は2月18日(2016年)、保育所の厳しい労働環境を取り上げた17日放送の「あさイチ」(NHK)についてブログで「終わってからも色々と考えさせられた」と書いた。

   番組では、人員不足のため正規の保育士の給料を削ってパートを雇っている保育園が紹介されたという。これにくわばたは「そこまでして、子供の事を考えてくれる保育園がある事に感謝です」としつつも、「行政がそこをもっと考えてお金を出して欲しい」と苦言を呈した。さらに、「現在 保育士さんが足りない。でも元保育士さんは復帰を考えられない。それは何でなのかを 行政がわかって動いて欲しいなと思います」とも続けた。

   ブログの終わりでは、自分の子どもが大きくなったときには「育児しやすい、保育しやすい社会になっていて欲しい」と親としての願いを綴った上で、「願うだけじゃ何も変わらん。何をどうしていったら変わるんかな?」と疑問を投げかけた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中