2018年 9月 22日 (土)

くわばたりえ、保育園の環境改善「行政がもっと考えてお金を出して欲しい」

印刷

   お笑いコンビ「クワバタオハラ」のくわばたりえ(39)は2月18日(2016年)、保育所の厳しい労働環境を取り上げた17日放送の「あさイチ」(NHK)についてブログで「終わってからも色々と考えさせられた」と書いた。

   番組では、人員不足のため正規の保育士の給料を削ってパートを雇っている保育園が紹介されたという。これにくわばたは「そこまでして、子供の事を考えてくれる保育園がある事に感謝です」としつつも、「行政がそこをもっと考えてお金を出して欲しい」と苦言を呈した。さらに、「現在 保育士さんが足りない。でも元保育士さんは復帰を考えられない。それは何でなのかを 行政がわかって動いて欲しいなと思います」とも続けた。

   ブログの終わりでは、自分の子どもが大きくなったときには「育児しやすい、保育しやすい社会になっていて欲しい」と親としての願いを綴った上で、「願うだけじゃ何も変わらん。何をどうしていったら変わるんかな?」と疑問を投げかけた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中