乙武洋匡、後輩から「靴は預けました?」と聞かれたことを告白

印刷

   作家でタレントの乙武洋匡(39)は2月19日(2016年)、ツイッターで、仲の良い後輩から「靴は預けました?」と聞かれたことを明かした。

   乙武は「京都から大好きな後輩が会いにきてくれた」として、2人で食事をとったことを報告。その帰り際、「ほろ酔いになった後輩」から「オトさん、靴は預けました?」と言われたという。続けて、「その直後、『あっ!』と気づいて顔色を変えてたけど、何か悪いことしちゃった(笑)」とした。

   このツイートに対し、フォロワーからは「一人の人として接してるから、自然と忘れちゃったのではなかろうかと思います」「お互いの気遣いが心温まりました」といった反応が寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中