2018年 7月 24日 (火)

報ステ・古舘降板「本人の希望」テレ朝社長あらためて強調!4月以降に出演番組なし

印刷

   テレビ朝日の吉田慎一社長は23日の定例会見で、3月(2016年)に「報道ステーション」を降板する古舘伊知郎キャスターについて、「大変お世話になった」としながらも、「古舘さんの希望で3月いっぱいになった」と降板はあくまでも本人の意志であることを強調した。

   古館キャスターの交代をめぐっては、首相官邸の意向を受けてのことではないかという指摘があり、これを打ち消した格好だ。しかし、4月以降に古舘がテレビ朝日の番組に出演する可能性については、「聞いておりません」ときっぱり言い切った。やはり円満交代ではないのだろう。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中