小林麻耶「しくじり先生の教科書は家宝。八方美人やめて自分を生きる覚悟できた」

印刷

   フリーアナウンサーの小林麻耶が2月22日(2016年)放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)出演後にブログを更新した。番組で小林は、周りの評価を気にして八方美人に振る舞うあまり、自分を見失っていた過去を告白。ありのままでいたいと思うようになり、それでも応援してくれる人がいることに気が付いたと話した。「本当に大事にしなくてはいけないことを蔑ろにしてきた」「皆さんは一番に自分の気持ちに耳を傾けて」と涙を浮かべて訴えかけた。

   ブログでは、番組で語ったことを改めて振り返り「嫌いな人ばかりに目を向けていた私は、本当にバカだったと思います。こんな私を応援してくださり、好きだと言ってくださり、こんなに幸せなことはないですね。心から感謝しています」。スタッフとは何度も打ち合わせし「私を知って、伝えようと、真剣に向き合ってくださいました」という。そうしてできた「しくじり先生の教科書は家宝です」とまで述べている。

   一連の告白を機に「八方美人をやめて、自分を生きる覚悟がようやくできました」「これからは、自分を無視してきた分、自分も大事にしていきたいと思います」と決意し、「苦しんできたこと、辛かったこと、そしてそこから学んだことをお話することができて なんだか明日からは、違う景色が見える気がします」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中