爆破予告メール「俺が送った」埼玉の大学生が名乗り!警察、マスコミ半信半疑

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   20歳の大学生が、各地の自治体などに送りつけられた爆破予告メールは「俺がやった」と名乗り出た。しかし、警察、新聞・テレビ、週刊誌は半信半疑だ。フジテレビはこの男を取材していた。埼玉県上尾市の安藤良太容疑者で、カメラの前でこうしゃべっていた。「私がやりました。昨年の6月から主に市役所とか区役所などを狙って爆破予告を行いました。実際に爆薬を仕掛けたようなことはやってません」

   大きなマスクをかけて、髪はボサボサ、もみあげがかなり長く、眉は太い、一重まぶた。グレーのパーカーの下に青いTシャツがのぞく。

出頭前にメール「警察は捕まえてくれない」「週刊文春もスルー」

   司会の小倉智昭「なんでこんなことを堂々と言っていたのかねえ」

   いきさつはこうだ。安藤は先月20日(2016年1月)、千葉県内の警察署に「複数の自治体に爆破予告をした」と出頭してきた。警察はパソコンなども押収したが、誤認逮捕を懸念して身柄の拘束はしなかった。しかし、安藤のものとみられるツイッターの書き込みが見つかった。

「朝霞警察署にも門前払いされたし、警視庁も松戸東が担当だからと、逮捕する気あるんでしょうか。出頭してから二週間になるんですが、ログ解析まだ時間がかかりそう」(2月3日)、「留置場の冷えた弁当食べるの楽しみ。刑務所で延々と刑務作業続けるのも楽しみ。反省してないなこれ」(2月8日)
「なにお起こらない」(10日)、「いつでも逮捕待ってるよ」(10日)、「家宅捜索から三週間が経過いたしました。捕まりません」(11 日)、「このまえ文春に送ったらスルーされました(半ギレ)」(12日)、「いっその事有名ドコロの新聞社全部に依頼してみるか」(12日)
文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
姉妹サイト