「ブラック部活」でもう倒れそう!残業代なし休みなし・・・中学教師が署名活動

印刷

   「部活動はブラックとしか思っていません」と部活顧問を務める中学教師たちが悲鳴を上げている。「改善してほしい」と2か月前から始めたインターネットによる署名活動には、25日(2016年2月)現在で2万3000人が集まった。

   残業は1か月に180時間、それも残業代なし、休みは年に7日間だけ、78日連続勤務・・・過酷なブラック部活の実態を「あさコレ」コーナーで伝えた。

子どもたちが頑張っているのを見ると手抜きもできない

   公立中学校で教師1年目からテニス部の顧問を務める30代の男性教師は、「月曜から金曜までの平日は授業のほか午後7時まで部活、土、日曜も部活で休みの日がありません」と話す。この教師の1日の仕事を見ると、平日は午前7時から部活の朝練、8時から授業、午後4時40分から部活、7時から翌日の授業の準備、10時帰宅。土、日曜は朝から夕方まで部活だ。

「一番長くて78日連続勤務。車で通勤しているが、信号待ちのたびに眠ってしまい、ハッと起きる。駐車場についても、たまに立ち上がれないこともあります。これだけ働いても平日の残業代はなし。休日4時間以上の部活で3000円が支給されるが、顧問をしていると用具が必要なのでプラスにはなりません」

   部活の必要性は感じている。「部活で凄く成長する子どももいるし、生き生き輝いている子どもも多い」といい、それだけに部活業務の手抜きはできないというジレンマに陥っている。

   2011年には大阪・堺市でバレーボール部顧問をしていた男性教師(26)が過労死しており、「自分たちも部活がブラックすぎて倒れそう」と5人の中学校教師と2か月前から署名活動を始めた。教育評論家の尾木直樹氏はこういう。

東京・杉並区では部活顧問を外部委託

「30年も昔から部活顧問の過重な負担は大問題になっています。若手教師も拒否する雰囲気が現場にない。これでは子どもたちの生活指導の面倒を見るなどまっとうな教育活動はほとんどできない現状です」

   TBS解説委員の牧嶋博子「東京・杉並区では2013年からスポーツ指導者を外部コーチとして民間から受け入れています。先生の負担を減らし、いじめの指導が疎かになったり、授業が疎かにならないようにしてあげたいですね」

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中