2018年 8月 17日 (金)

広瀬すず「原作があるものを実写化するのはとても怖い。ファンの中には作り上がったキャラがいるから」

印刷

   広瀬すずが2月25日(2016年)、主演映画「ちはやふる」の完成披露試写会に出席し、ブログで報告した。人気漫画の実写化とあって、原作ファンに受け入れられるかと不安を抱いていたという。

   試写会には1600人が集まり、インターネット中継も入った。広瀬は「吐くわもう 泣きそうなるわ 幸せすぎだばか」と所感を述べ、関係者に「心から感謝します ありがとうございます」と贈った。

   同名の原作漫画は2007年に連載開始。コミックスは累計1300万部を売り上げ、アニメ化もされている人気作品。広瀬は「原作があるものを実写化するなんてとても怖いことじゃないですか普通に 原作ファンの方の中にはもう作り上がっているそのキャラクターがもういるんだもん 千早(主人公)がもう既にのびのびと生きてたから」と演じるにあたって不安があったことを明かした。

   完成した映画は「みなさんにどう届くかわかりません」としながら「とてもワクワクするけど色んな意味のドキドキで溢れてます 1人でも多くの人にちはやふるという私の大好きな映画が届きますように」と勧めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中