「山口組VS神戸山口組」首都圏で抗争激化!新宿・歌舞伎町で白昼大乱闘

印刷

   数人の男たちが一人の男を引きずり回しながら上着を脱がせ、顔を何度も蹴り上げたあと足早に立ち去っていった。東京・新宿歌舞伎町の路上で、2月15日(2016年)の白昼のことだ。指定暴力団・山口組が山口組と神戸山口組に分裂し、その抗争と見られる襲撃事件が首都圏で相次いでいる。

子ども公園や住宅街でも・・・

   2月26日には静岡・三島市で、神戸山口組系事務所前に止めたあった車が焼かれ、27日には神奈川・厚木市で山口組関連施設に車が突入、埼玉・八潮市でも神戸山口組系組長宅に数発の銃弾が撃ち込まれ、東京・足立区では神戸山口組家組員が襲撃された。

不安です

   足立区の襲撃事件を目撃した近所の女性は、「すごく人が来て乱闘、ケンカになったんです。『お前がやったのか』などと言い合いになっていましたね。ここは公園がいっぱいあって、子どもたちがいっぱい遊んでいるので、怖いですね」と話す。

   司会の夏目三久「住宅街で襲撃事件が起きていることもあり、住民に不安が広がっています」

   警察庁は襲撃事件が全国的に広がる恐れがあるとみて、情報集の強化に取り組んでいる。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中