2018年 9月 25日 (火)

「ゴミ屋敷住人」他人の敷地に捨て逮捕!ご近所は防犯カメラ設置して自衛

印刷

   ゴミを他人の家の玄関先に勝手に捨てたとして、神戸市西区のゴミ屋敷の住人の女(74)がおととい29日(2016年2月)、廃棄物処理法違反の疑いで逮捕された。敷地全体のゴミ量はなんと7トンにも上る。

神戸市の再三の注意・警告を無視

   この女と近隣住民のトラブルは20年以上も続いている。ゴミをため始めたのは1990年ごろだ。住民からの苦情が相次ぎ、神戸市は2000年から今年2月(2016年)まで敷地外のゴミを3回撤去し、再三改善を求めた。だが、「この道路は自分の土地だと言ったりして、全然片づけておりません」と担当者はお手上げ状態だ。現在も月1回ほど町内をパトロールし、本人がいれば口頭注意し、不在の場合は警告書を貼り付けたりしているが解決にはほど遠い。

やっと逮捕

   今回の逮捕は他人の敷地に捨てた容疑だ。近所の人は「自分のところに置けなくなったから、他人の土地やら公園やら、開いていると、どこにでも捨てて置いておく状態」と怒る。よその敷地に入らないようにと注意しても、「うちの土地や」と逆に「泥棒」と怒鳴りつけられたり、ペットボトルで殴られたりしたこともあるという。このため、防犯カメラを設置し、それが逮捕のきっかけになった。しかし、当人は「まったく身に覚えがない」と容疑を否認している。

法律的には「ゴミ」の認定難しい

   司会の加藤浩次「今回のゴミ屋敷の問題は逮捕に至りましたが、根本的な解決にはなっていないですよね」

   宮崎哲弥(評論家)「一般的、客観的にはゴミであっても、当人が自分の財産だと主張すればなかなか介入できない。抜本的な条例や法律を考えることが必要かなと思いますね」

   加藤「根本的な問題がずっと続いていますよね」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中