トランプ「石原慎太郎とビートたけし足して割ったキャラ」飲み屋トークで圧勝

印刷

   アメリカ米大統領選の候補者選びの大きなヤマ場スーパーチューズデーで、共和党はドナルド・トランプ氏が11州のうち7州を制して圧勝した。ロバート・キャンベル東大大学院教授はトランプ人気を「石原慎太郎とビートたけしを足して割ったよう感じかな。臆することなく考えを表明する政治家と、相手の特徴を巧みにつかんで盛り上げるコメディアンのセンスを兼ね備えている」と評する。

クリントンとの一騎打ちどうなる?

   アメリカ現代政治が専門の上智大・前嶋和弘教授は「飲み屋トーク作戦です」という。保守的な白人ブルーカラーをターゲットに、飲み屋でぼやきあうようなイメージで支持を得ており、これが7月までは続き、過半数の代議員獲得へ一気に進む可能性もあると見る。その後は、支持層を広げるために「(発言や政策を)修正していく可能性があります」

うまいですよ

   司会の加藤浩次「民主党のヒラリー・クリントンさんと一騎打ちになったら、どうでしょうか」

   前嶋教授「もしかしたら接戦になるかもしれません。トランプ氏はもうダメだろうと私も言ってきたが、いっこうに衰えない。まさかもあり得ます」

   加藤「トランプ氏はここまでくると、戦略家でもあるということですね」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中