二宮金次郎像「薪背負って歩き読書」いえいえ、最近は座ってスマホ?

印刷

   小学校などに設置されている二宮金次郎像は薪を背負い歩きながら書物を読んでいるが、近ごろは変り種も増えてきた。野上慎平アナが「じつは、こんなバージョンもあった」と紹介した。

   神奈川県箱根町の小学校にはわらじを配っている金次郎像がある。徳島・フルーツガーデン山形には本のかわりにタブレットを持っている。栃木・日光市や二宮金次郎の生誕の地・小田原ではしゃがんでいる座像だ。これは歩きスマホなどに配慮しているそうだ。

子孫は「本来の教えは本読むだけでなく実践せよ」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「スマホに配慮して座らせるぐらいなら、置かなきゃいいじゃないですか」

tv_20160303173018.jpg

   二宮金次郎の子孫で、国際二宮尊徳思想学会常任理事の中桐万理子さんによると、金次郎の本来の教えは「本を読むだけでなく、実践を忘れるな」というものだそうで、「立っていても座っていても、その教えは変わらない」。どちらもありなのだそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中