ふるさと納税で保育園無料化!過疎進む北海道上士幌町「子供のために使います」

印刷

   ふるさと納税に人気はいよいよ広がっているが、納税額全国3位の北海道上士幌町は4月(2016年)から、寄付してもらったふるさと納税金を財源に保育料をタダにする。人口5000人、十勝平野の北部にある酪農の町だ。ふるさと納税額は4年前の1000万円から今年度(2015年度)は約15億円になった。お礼の和牛肉がウケたらしいが、お礼予算を除いた4億6000万円を子育て、教育事業の充実に充てることにした。

小学生にはタブレット端末、中学生にはパソコン

   上士幌はどんなことを計画しているのか。園児120人がいる「こども園」は1か月2~6万円の保育料だが、来年度から町が年1950万円を補助して無料にする。子どもの英語教育に外国人講師を雇って年529万円、和太鼓購入に326万円、少年野球チームのピッチングマシーンなどに138万円といった具合だ。小学生にはタブレット端末を、中学生にはパソコンを配る。

tv_20160304130018.jpg

   竹中貢町長は「町が変わったと伝われば、人口減少に歯止めがかかるでしょう」と語る。25年後には人口が4000人を切ると予測されていて、過疎化が深刻なのだ。対策の財源をふるさと納税に頼る。

   司会の加藤浩次「地元産業が地力をつけないと。こうして話題になって知ってもらうことも第一で、そこからまたね」

   ふるさと納税は4月からお礼品をリニューアルする自治体も出て、ますます盛んになりそうだ。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中