<スミカスミレ>(テレビ朝日系)
孤独な65歳・松坂慶子が若返って桐谷美玲に変身!初めての恋、初めてのプレゼント・・・青春謳歌の先に待っているのは?

印刷

   青春を爆発させることもなく、独身で、両親も亡くして天涯孤独となった65歳の如月澄(松坂慶子)は、ある日、家の屏風に封じ込められていた化け猫・黎(及川光博)の不思議な力によって45歳若返る。見た目は20歳、でも中身は65歳。澄は信じられない現実に戸惑いながらも、如月すみれ(桐谷美玲)と名乗り、憧れの大学に通い始める。

今期イチオシのベタベタ恋愛コメディー

   第4話では、同じゼミの好青年・真白勇征(町田啓太)から告白され、ついに65歳の人生で初めて男の人との交際をスタートさせる。親友の由ノ郷千明(秋元才加)とは、一緒にファミリーレストランでこれまた人生初のアルバイトを始め、さらに帰宅後は真白のために手作りのプレゼントを製作するなど日々大忙しだ。

   これまで味わったことのないドキドキ感と幸福感に、まさに青春を謳歌するすみれだが、時折見せるどこか生き急ぐかのような言動に、その姿をそばで見守っている黎は心配を募らせる。

   そんな時、バイト先に澄の高校時代の親友ヨシエが孫を連れてやってくる。すみれをひと目見て「澄ちゃん!」と驚くが、すみれは自分の正体を明かすことができず、思わず涙を流してしまう。

   恋愛に奥手なドジっ娘が憧れの好青年と「釣り合っていない」と周りに言われながら、またレベル高めの女子に邪魔されながらも、幸せになっていくベッタベタなラブコメなのだが、今期クールのドラマの中では頭ひとつ抜けて面白く、気づけば毎週金曜日が待ち遠しい。

化け猫・及川光博の婚約白猫登場

   一昔前の韓流ドラマかっとツッコみつつもハマってしまうのは、『若返り』というファンタジー要素が入っているため先が読めない面白さがあるのと、レトロ感あふれる恋愛模様が、すでにひととおりの経験を終えた世代にはかえって懐かしく、見ているとなんだかホッとするからかもしれない。

   松坂、桐谷の脇を固めるキャストもよく、さらに次回は黎の婚約者として白猫役で小西真奈美も登場する。後半もますます盛り上がりを見せそうだ。(2月26日深夜11時15分~)

バード

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中