「鳩エサやり男」行政指導の市職員にも水ぶっかけ!糞や悪臭で近所大迷惑

印刷

   名古屋市南区で4日(2016年3月)、鳩に餌をやり続ける50代男性が餌まき中止を求める行政指導に出向いた市職員にバケツで水をぶっかけ、中止を拒否した。男性の自宅は鳩屋敷化していて、無数の鳩が集まり、近隣は糞害や悪臭に困っている。注意した住民への暴力行為も起こし、言い分を聞こうとしたテレビ局スタッフにも水を浴びせかける。

注意すると暴力沙汰や自転車・車パンク

   男性が自宅のアパート前や近所の公園で餌をやり始めたのは約5年前からだった。いまでは鳩が屋根に群がり、付近の植木は糞でまっ白。近隣住民は「羽がつくから洗濯物を干せない」状態だという。

tv_20160307115807.jpg

   住民らがやめるように申し入れても聞かず、「部屋まで怒鳴りこまれてボコボコにされた」という人もいる。住民が注意するたびに、近隣で自転車や車のタイヤがパンクされられることも続く。「何十回も自転車をパンクさせられた」「車を3回やられた」と住民は語る。

傍観する警察「現行犯でなければダメ」

   もはや「何をされるか分からない」と怖くて注意もできないという。名古屋市は2年前から行政指導をおこなってきたが、やめる様子はない。警察に届けても「現行犯でなければだめと言われた」と話す。警察は男性を呼んで事情を聞いたが、その日のうちに帰してしまった。

   阿部祐二リポーターがきのう6日に取材に行くと、男性は「なんだ、コラ」と執拗に追かけ回し、阿部は走って逃げた。「体当たりせんばかりでした。恐怖を感じました」という。

   菊地幸夫弁護士「行政指導は強制的な手段ではなく、任意のお願いだからペナルティはないんです」と話す。鳩の餌まきを禁止する法や条例はない。

   司会の加藤浩次「エスカレートする可能性がありますね。何か起きてからでないと警察は動かないという状況です」

   警察は甘く考えすぎているのではないか。人に水をぶちまければ立派な暴行だ。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中