女性ジョッキー藤田菜七子デビュー2着!競馬ファン「きょうは彼女の1点買い」

印刷

   中央競馬界で16年ぶりの女性ジョッキー藤田菜七子騎手(18)はおととい5日(2016年3月)、中山の第2レースに初騎乗して2着となった。きのう6日には武豊騎手とも初対戦した。

   藤田菜七子の騎乗を見ようと、おとといの中山競馬場の入場者は昨年(2015年)のこのレースより20%増の2万1953人で、パドックには3000人が詰めかけた。「彼女の1点買いでいく」「いいねえ。応援するよ」と出走前から大変な人気だ。

武豊「僕の初騎乗よりうまかった」

   水色に黄色いボーダーが入った乗馬服で登場した藤田はレース後、「がむしゃらにやっただけで、馬のおかげです。姿勢や鞭の使い方を反省すべきで、40点です」と語り、翌日の武豊とのレース前には「雲の上の存在。いろんなことを教えてもらいたい」と話した。

初勝利見たい

   この日は9着と11着でレース後の会見では元気がなかったが、武がサプライズで登場すると、パッと笑顔になって挨拶していた。武は「しっかり乗っていました。僕のデビューよりうまかったのではないかな」

   武もデビューレースは2着だった。

   司会の加藤浩次「こうなると初勝利を見たくなります」

   女性ジョッキーの先輩、増沢由貴子元騎手は初勝利をあげるまで16日かかったそうだ。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中