2018年 8月 16日 (木)

シャラポワ「禁止薬物」陽性!引退しないが長期休養・・・事実上の出場停止

印刷

   生涯グランドスラムを達成したテニスプレーヤーのマリア・シャラポワ(28)が、1月(2016年)の全豪オープンのドーピング検査で禁止薬物の陽性反応が検出されていた。シャラポワが記者会見で明らかにしたもので、「私の競技人生をこのように終わらせたくない」と引退は否定したものの、長期休養に入ることを明らかにした。

持久力高めるメルドニウム―今年1月に追加指定

   禁止薬物は持久力の向上に効果があるとされている「メルドニウム」で、今年1月から新たに禁止薬物に追加指定された。シャラポワは医師の処方で10年前から服用し、「追加指定されたリストをチェックしなかったため、禁止薬物とは知らなかった」と釈明した。長期休養がどのくらいになるか不明だが、元プロテニスプレーヤー沢松奈生子は「長期というのはリスクがあり心配です」という。

   石井大裕アナ「国際テニス連盟(ITF)や女子テニス協会(WTA)がどう判断するか不明ですが、通常はドーピングの陽性反応は初回で出場停止1年、2回目になると永久追放です。今回は1年ぐらいが考えられます」

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中