2018年 9月 19日 (水)

サッカー女子・佐々木監督の後任!「U-20/23高倉麻子監督」最有力

印刷

   サッカー女子のリオ五輪アジア最終戦で日本代表はきのう7日(2016年3月)のベトナム戦を6-1で勝ったものの、勝ち点でオーストラリアと中国を上回ることができず3位以下が確定した。上位2チームに与えられるリオ五輪出場権は得られなかった。敗退の責任を取って、佐々木則夫監督は9日(2016年3月)の北朝鮮戦を最後に退任する。

   なでしこの柱だった澤穂希選手が引退し、チームをまとめ、牽引する選手がいなかったのが敗退の原因のようだ。司会の夏目三久は「8年という長期政権のなかでわれわれに大きな勇気を与えてくれました」と佐々木退任を惜しんだ。

2014年W杯で優勝

   3年後のワールドカップ、4年後の東京五輪を控えて後任監督の人選が急がれるが、すでに名前が挙がっているという。スポーツ担当の石井大裕アナによると、「U-20/U-23の代表監督を兼任している高倉麻子監督(47)が最有力候補になっていいます」

8年間・・・

   高倉は福島県出身で女子日本代表選手として1991年、95年のW杯、96年のアトランタ五輪に出場した経験を持つ。指導者歴ではU-17の女子代表監督として14年のW杯で優勝に導いた。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中