卓球・女子団体「銀メダル帰国」伊藤美誠ニコニコ・・・苦しかったけどいい経験

印刷

   卓球の世界団体選手権大会で男女とも銀メダルを獲得した日本チームがきのう7日(2016年3月)に帰国した。話題はなんといっても15歳、中学3年生の伊藤美誠選手だ。決勝の中国戦で元世界チャンピオンに敗れはしたものの、1ゲームを奪った。

   帰国会見で伊藤は「初めての団体戦で嬉しかったり苦しかったり、たくさんのことを経験させてもらいました」とものおじせずに答えた。

リオ五輪で銀以上確実。東京五輪では金狙い

   司会の羽鳥慎一「しっかりした受け答えをしていましたね」

団結力

   元日本代表の松下浩二さんは「度胸がある。メンタルが強い」と評する。キャプテンの福原愛選手や先輩の石川佳純選手らに「強気で」「思いきりいけばいいよ」などとアドバイスを受けながら戦いぬいた。

   羽鳥「すごいな、団結力があった」

   松下さんは「日本選手の層が厚くなっています。団体はリオ五輪では銀メダル以上は確実に、東京五輪では金メダルを狙えます」と自信を強めている。中国の壁をどこまで崩せるだろうか。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中