2019年 4月 24日 (水)

警察庁「山口組VS神戸山口組」抗争状態と認定、集中取締本部設置

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   警察庁はきのう7日(2016年3月)、暴力団の山口組と神戸山口組は「対立抗争状態」と認定し、集中取締本部を設置した。先月15日に東京・新宿歌舞伎町で起きた乱闘をきっかけに抗争が激化し、27日には東京・足立区で組員襲撃、29日は富山市で火炎瓶が投げ込まれる事件があり、おととい6日には茨城・水戸市の神戸山口組系事務所に銃弾5発が撃ち込まれた。

15日は繁華街に近づくな

   抗争は去年8月からきのうまでに全国で49件が起き、9件はトラックなどがバックで突っ込むやり方だった。暴力団を取材するジャーナリスト須田慎一郎氏によると、前向きではエアバックがじゃまになって逃げられないためで、車の方が銃を使うより刑が軽く、組長の使用者責任も問われないのだという。

激化してます

   山口組は組員5700人、神戸山口組は2700人といわれ、抗争はエスカレートする恐れがある。

   司会の羽鳥慎一「キーワードは15日ですね」

   神戸山口組は毎月15日に幹部会を開く。山口組もこの日をターゲットにしている。

   須田氏「15日を避ければ衝突は起きないわけですが、開かないと逃げたことになるのでどちらも譲れないんです」

   繁華街では警戒が必要だという。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中