名古屋市議会「報酬」お手盛り655万円アップ!河村たかし市長「市民が納得しない」

印刷

   名古屋市議会はきのう8日(2016年3月)、自分たち議員の報酬を年800万円から1455万円に引き上げる条例を可決した。お手盛りで4月から一気に655万円の報酬アップとなる。河村たかし市長は「市民が納得するわけがないじゃないか」「委員会審議もしないで即日可決する恐ろしさ」とあきれ顔で語った。

賛成派「800万円では議員活動できない」ほかにも政務調査費支給

   名古屋市では河村市長が率いる「減税日本」が議員報酬の半減を公約に掲げて2011年の市議選に圧勝し、年1633万円から800万円に引き下げられたが、昨年(2015年)の市議選で議席が半減すると、自民党、公明党、民主党系会派が報酬増を図るという巻き返しに出た。議員定数を75から68に減らすことにしたとはいえ、報酬予算は総額6億円から9億8940万円に増加する。

夢のような話

   可決後はほとんどの市議が取材陣の質問にまともに答えず、足早に逃げ去った。わずかに答えた賛成市議は「今の報酬では、生活はできても議員活動はむずかしい。会合に招待されても手ぶらではいけない」「職責を果たすための報酬は担保されなければ」という。しかし、歳費のほかにも名古屋市議には政務調査費が支給されている。反対した議員は「800万円で足りないという感覚はない」と反論する。

   司会の羽鳥慎一「経費は別にある。報酬と政治経費をはっきり分けて考えないといかないですよね。ゴチャゴチャになっていますよ」

   菅野朋子(弁護士)「そもそも、自分たちで報酬を決めることができるシステムが問題です」

   羽鳥「民間なら夢のようです」

   地方議会の自堕落には呆れるほかない。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中