万引濡れ衣自殺に尾木直樹怒り収まらず「ミスではない。生徒を大切にしてない」

印刷

   広島県府中町の中3男子生徒が万引きの濡れ衣を着せられ、推薦入学を拒否されて自殺した問題について、教育評論家の尾木直樹氏は教育委員会と学校に激しく怒っている。「洗いざらい嘘、誤魔化し、言い逃れなしに生徒を自殺に追い込んだ事実と向き合うことしか広島のこの学校に残された道はありません!!」「お詫びでは済まされないのです!」

   学校側が「担任教諭は、(自殺した)生徒の不明確な発言で(万引きしたとの)確認がとれたと思ってしまった」が釈明していることについても、「言葉の端々に、逃げたい、生徒も否定しないのが悪い、みたいなニュアンス」「肝心の担任ははってでもご遺族、保護者の前に顔を出して頭下げるべきでしょう!逃げは許されません!!」

   そして、「生徒はこの世にいないことをいいことにして 生徒を悪く言うのだけは絶対にお止めくださいませ・・・学校ぐるみ 点検する必要感じています!!」「情報管理のミスの問題ではなく、生徒1人ひとりを大切にしなかったことが最大の問題」と指摘する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中