<マネー・ショート 華麗なる大逆転>
「リーマンショック」の裏で大もうけした4人の男!バブル破裂見越して仕掛けた逆張り投資

印刷

   2007年のサブプライムローン問題をきっかけにアメリカの不動産バブルが弾け、投資銀行リーマン・ブラザーズが破綻したことで世界中が金融危機に巻き込まれた。その裏側でウォール街を出し抜き、大儲けをした4人のアウトロー金融マンがいた。その実話をもとにしている。

だれも見向きもしなかった「クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)」

(C)2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

   へヴィメタル好きの孤独な金融トレーダーのマイケル(クリスチャン・ベール)はアメリカ経済が破綻することを予見していたが、ウォール街の銀行家や政府の金融監督機関からまったく相手にされなかった。そこで、マイケルは「クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)」という、ほとんど価値がないと思われていた金融取引に目をつけ、サブプライムローンがパンクしたときに巨額の保険金を手にできる契約を投資銀行と結ぶ。

   野心と自信に溢れ口達者な若き銀行家ジャレ(ライアン・ゴズリング)は、マイケルのこの戦略を察知し、大手銀行に怒りを募らせていたヘッジファンド・マネージャーのマーク(スティーブ・カレル)にCDSを勧める。また、ウォール街の伝説の銀行家で、いまは地方に引っ込んでオーガニックな生活をしている破滅論者のベン(ブラット・ピット)も若い投資家にCDSを買うように後押しをする。

   4人はアメリカの経済が破綻し、「CDS」の相場が逆転するその日を待って「売り」(業界用語で「ショート」)のポジションを保持するが、なかなかそうはいかず損失が膨らみ焦る。もしもこのままCDSの価値が上がらなければ自分が破滅だ。そして2008年9月、ついにその日はやってきた。

   自分たちは大儲けしたが、祖国アメリカの経済は破綻し、何百万人という人が職や家を失い、路頭に迷うことになった。勝負に勝ったものの心情は複雑だ。

薄汚れたブラッド・ピット―新しい魅力かがっかりか

   全編にわたって金融業界の専門用語が当たり前のように飛び交う。その世界に疎い人はストーリーについていくのは正直なかなか難しい。ましてや、ブラッド・ピットを目当てに見に行くと、内容は難しいわ、当のブラピは出番が少ないうえに髭ボーボーで風貌もダサいわで、おそらくがっかりすることだろう。

   世界経済が不安定な中、お勉強のためにも見て損はない映画だが、経済用語に自信のない人は公式ホームページなりウィキペディアなりで、予習しておくことをお勧めする。

バード

おススメ度☆☆☆

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中