5年たっても八方塞り「福島原発被害地区」放射能汚染土の山、自宅は帰還困難

印刷

   東日本大震災・福島原発事故から5年がたった。司会の小倉智昭は福島にいた。東京電力・福島第1原発の放射能汚染被害はいまだ拡大しているという。スタジオに放射能汚染土・ゴミの数量を示すパネルがあった。「12都府県で約17万トン」とある。福島には14万2139トン。ゴミを入れた黒いフレコンバックが2200万袋もある。東京ドームの16倍だ。

廃炉作業現場で毎日150トン増え続ける汚染水

   2万人がいた浪江町にいま人はいない。死者150人、不明132人。ここを原発の放射線が襲った。町は震災のときのまま凍りついていた。海沿いのがれきは片付けられ、何もない中に1か所だけ煙突から煙を上げる建物がある。除染廃棄物を焼却した灰を集積している。昨年6月(2015年)から24時間稼働している。

どうするのか・・・

   内部はフレコンバッグでいっぱいだった。毎日増え続けている。汚染が10万べクレルを超えるものは中間貯蔵施設に送られるのだが、いまだに1袋も送られていない。大熊町と双葉町の中間貯蔵施設(といっても仮置き場)が地権者との交渉が難航して、必要スペースの1%しか確保できていないからだ、大熊町の62%が帰還困難区域で、通りを歩いているだけで測定器の警報が鳴る。

   双葉町から小倉は福島第1原発を望んだ。巨大なブルーのタンクが建ち並ぶ。すでに1000基にもなり、毎日150トンの汚染水が増え続けている。「5年でこれだけ。あとどうなるんだろう」と小倉。原発では廃炉作業も含め7000人が働いているが、被曝限界に達してベテランがいなくなった。作業員は素人ばかりという。これも先が見えない。

   双葉町は96%が帰還困難区域だ。地震と津波で全半壊した家屋はそのままで、伊澤史朗町長も自宅に入るには防護服だ。先月公表された町民アンケートでは、「戻りたい」は13.3%、「戻らない」が55.0%だった。それでも以前より「戻りたい」が増えたのだそうだ。

中間処分場も最終処分場も見通し立たず

   そうした5年を経て、地元での未来を語る人がいた。浪江町で「仙台大根」の生産・出荷にこぎつけた川村博さん(60)だ。風評被害をはねのけた。南相馬市に私費で土地を買い、「花見公園」を作っているのは石崎祐一さん(56)だ。「活気が欲しい。花を植えれば明るくなる、人が来る」と話す。

   小倉「石崎さんはドライブインをやっている人。子どもたちが来られるようにと、6000坪に桜を植えて公園にしようとしています。浪江の川村さんはたった一人の農家で、ようやく大根が南相馬のスーパーで売れるようになりました。しかし、どこへ行っても黒い袋です。中間貯蔵施設はまだ1%。30年経ったら他県の最終処分場へということになっていますが、その見通しはありません」

   ショーン・マクアードル川上(経営コンサルタント)「原発は人間に制御可能な技術なのかどうか。個人の志と自治体・行政と国の連携ができていないように感じますね」

   小倉「きのう安倍首相は帰還困難区域も来年から除染を始めると言いました。これまでの例では、除染直後は線量が下がるが、2、3週間するとまた元へ戻るんだそうです」

   中瀬ゆかり(新潮社出版部長)「黒い袋は30年もつんですかね」

   小倉「チェルノブイリが来年で30年。コンクリートが傷んだので鋼鉄製のカバーをつけるという話ですが、事故のレベルは7で福島と同じです」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中