2018年 9月 24日 (月)

酒にメタノール混ぜて夫殺害!嘔吐、失明、呼吸困難・・・死に至る毒性

印刷

   夫(59)の酒にメタノール(メチルアルコール)を混ぜて飲ませたとして、妻の大川房子容疑者(49)が9日(2016年3月)、殺人未遂容疑で兵庫県警に逮捕された。メタノールはキャンプ用コンロや理科の実験用のアルコールランプなどに使われる。横浜薬科大学の篠塚達雄教授は「昔から普通のアルコール飲料と間違えて飲むような事故例が結構あります。(容器を)開けてみると分かりますが、見た目ではまったく区別がつきません」と話す。酒のアルコールはエタノール(エチルアルコール)だ。

戦後の闇市で「カストリ」と呼ばれて横行

   メタノールを酒に混ぜて飲むとどうなるのか。「味もほとんど分からないと思います。飲んだ感じですぐ『お酒と違う』という認識は難しいと思います。しかし、飲んでしまうと、最初は嘔吐、さらに失明までいってしまいます。最悪では呼吸困難を起こしたり、死に至るというような非常に重篤な症状を示すことがあります。相手を殺傷する目的で使われるとすると、確かに怖いですね」(篠塚教授)

飲もうとしたことある

   戦後の闇市ではカストリと呼ばれて広く出回り、目が見えなくなるので「目散るアルコール」などとも呼ばれた。近所の薬局でも売られていて、印鑑があればだれでも購入可能だ。司会の羽鳥慎一は「簡単に買えてしまう。ここはどうなんでしょう」という。

   吉永みちこ(作家)「悪意と結びつくと非常に危険なことには違いないと思いますね」

長嶋一茂の大バカ!「理科の実験で飲もうとして先生にすごく叱られた」

   長嶋一茂(スポーツプロデューサー)「俺も小学校の時に理科の実験でメタノールを飲もうとしたら、先生にすごく怒られたの。メタノールは『ダメ』って。バカだったからさ、まあ、いまもバカなんだけど。いや、何が言いたいかっていうと、無知なことも罪だってことです」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「メタノールにしろ、他の危険な物質にしろ、昔からあったわけですよ。でも、専門の本でも読まない限り、危険性は分からない」

   羽鳥「身近にあるものでも、非常に危険なものもあるという認識しないといけないということですね」

   被害者の大川広明さんは病院で死去し、兵庫県警は房子の容疑を殺人未遂から殺人に切り替えた。房子は「酒にメタノールを入れたことは間違いないが、殺害は企てていない」と話している。

ビレッジマン

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中