水道代126万円が引き落とされてた!作業員が誤ってメーター逆付け

印刷

   水道工事の作業員が誤ってメーターを取り付けたために、知らぬ間に水道代126万円が引き落とされていた。石川県能美市に住む30代男性は「家賃が滞納になっています」という知らせがきたため口座を確認したところ、たしかに残高がほとんどなくなっていた。口座詐欺にでもあったかと青くなってよく見ると、水道代がごっそり支払いになっていたのだ。

計測員もそのまま記録

   126万円分の水道代は500万リットル、25メートルプール10杯分、ファミリータイプの風呂なら2万5000回入れる。高橋真麻(フリーアナウンサー)は「ウソー、いたずらで水道を出されて30万円請求された友人ならいたけど」

気づかないかなあ

   原因はメーターの取り換え時に、作業員が誤って水流にたいして180度反対の向きにとりつけていたため。カウンターが「0000」から逆回転して「9998」と表示していた。これを計測員はおかしいと考えずに記録していた。

   司会の加藤浩次「計測員がまじめすぎ。わかりそうなものだ。いたずらとは違って、ちょっと考えられないケースです」

   男性が能美市に確認すると、正しい料金は6160円だった。すぐに返金されたという。

   加藤「当然ですよ」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中