2018年 9月 20日 (木)

壇蜜が絶賛!コウケンテツの「小倉焼うどん」味がしみこむ茹で方焼き方

印刷

   「解決!ゴハン」コーナーの料理研究家コウケンテツさんが力を込める。「焼うどんというと具とうどんをいためてソースからめるだけと思っていませんか。北九州の小倉は焼うどんの発祥の地なんですが、ここで食べた焼うどんに非常に感動しました。そこで得た技術をきょうは簡単に紹介します」

   使うのは乾麺だ。ただ、ゆで汁が違う。煮干しでダシをとって、煮干しを引き上げずにそこに乾麺を入れる。これが第1のポイントである。

   駒形多恵アナ「10分ほど煮ます。普通の表示より1分ほど早めにあげてください」。ゆでた麺は水にさらしてしめる。

   麺をゆでている間に、フライパンで豚バラ肉、キャベツ、たまねぎ、ちくわを強火でさっと炒め、軽く塩・こしょうして別にしておく。特製ソースはしょうゆ(大さじ1と2分の1)、ウスターソースとオイスターソースを各大さじ1、白の練りごま小さじ2、酒大さじ2、トーバンジャン小さじ2分の1を混ぜ、カレー粉、塩、黒こしょうを少々加えてできあがりだ。

具に特製ソースはからめない

   さあて、ここからが焼きの工程だ。コウケンテツさんは「ここが最大のポイントです。まず、フライパンにゆでた麺を入れて、ゆで汁を玉じゃくし半分くらいを加え、特製ソースはこのときに加えてしまいます。これで水分が飛んでいく過程でうどんに味が入っていくのです。具を加えてからソースをかけるから水分が出てぐちゃぐちゃになってしまうんです。ここは、強火でガンガンいきます」

   最後にもやしと天かすを加えて日本酒を少々掛け、かつお節と紅ショウガをトッピングすれば感性である。

   きょうのゲストは壇密(タレント)でコウケンテツさんはファンだという。その壇蜜「麺に味がしっかりついてるんですね。具もちくわやたまねぎに甘さを感じます」

   コウケンテツさんは「いや~、素敵なコメントですね」

(磯G)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中