2018年 11月 21日 (水)

ポルノ晴一「マネジャーが結婚式で曲使ってくれなかったからウェディングソング書く」

印刷

   ロックバンド「ポルノグラフィティ」の新藤晴一が、ウェディングソングの制作するようだ。きっかけは、自身のマネジャーが結婚式でバンドの楽曲を使ってくれなかったからだとして悔しがっている。3月15日(2016年)にツイッターで語った。

「先日ポルノ二人で出席したマネージャーの結婚式で、全然ポルノかけてもらえなかったので、全身全霊をかけてウェディングソングを書いている」

   だが、ひねくれていると思ったのか「その理由だとウェディングソングとしてはあれなんで」として、「未婚の女ボスマネージャーに捧げるために、というエピソードに詐称はする」とジョークを飛ばした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中