2018年 8月 15日 (水)

東京のサクラ長く楽しめそう・・・花冷えで満開31日!来週末はお花見日和

印刷

   「お待たせしました。東京の桜の開花です」

   桜の標本木がある東京・靖国神社で21日(2016年3月)午前、東京管区気象台職員が基準を満たす「5~6輪以上の開花」を確認した。平年より5日、去年より2日早いという。今週24日から来週28日ごろまでは花冷えとなり、満開は先に延びそうだが、そのぶん長く楽しめるという。

   気象予報士の尾崎朋美「桜の見頃は今月29日から4月6日ごろまで続き、満開は今月31日でしょう。この日は温かく晴れが予想され、お花見のお薦めです」

桜名所めぐる「お花見東京五輪ラン」

   東京・上野公園では気の早い花見客が早くも車座になっていて、「きょうは花見の練習です」。この上野公園を含め、東京の桜の名所を徒歩やジョギングで巡るイベント「お花見東京五輪ラン」が今月26日と27日開催される。東京五輪のマラソンとほぼ同じコースで、JR四ツ谷駅前をスタートして、皇居、上野、浅草、銀座、芝公園を通って、皇居、四ツ谷駅に戻る。途中で花見酒なんていうのも一興かもしれない。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中