白鵬「乱暴相撲」酷すぎる!勝負決ってから投げ飛ばし・・・土俵下審判骨折

印刷

   横綱白鵬の品格が問われている。おととい20日(2016年3月)、中日8日目の嘉風戦で、勝負が決まった瞬間に相手の脚をとり土俵下へ放り投げた。勝ちが決まってからも攻める「ダメ押し」で、横綱のやることではない。土俵下にいた審判長の井筒親方は左太ももを骨折、3か月の重傷を負った。

やくみつる「むきになってる。全力出し切るのとは違う」

   白鵬は相手が土俵を割ったのが「見えませんでした」とコメントし、審判部に注意されて「大きなけがをさせて申しわけない」と話したという。相撲ファンで知られる漫画家のやくみつるは「白鵬はむきになっていますよね。むきになることと全力を出し切ることは違います。自分の足が土俵を出ているのに気づかなかったとは言わせない」と話す。

お客さん危ない

   白鵬は4日目の隠岐の海戦でも、土俵を割った相手を二重に押して土俵下へ吹っ飛ばした。このときは八角理事長から「お客さんが危ない」と注意を受けた。

これまでも格下相手に張り手乱発

   司会の羽鳥慎一「元力士でさえ3か月のけがをしたんですから、一般の人なら大変なことになってました」

   砂かぶりの席は土俵から1メートル。相撲のパワーは軽自動車同士のぶつかり合いに匹敵するともいわれ、体重160キロの嘉風が飛んできたらたまったものではない。

   元毎日新聞記者の相撲ジャーナリスト、中澤潔さんは「お客さんはよけようがない。荒っぽすぎます。今場所はとくにひどい」と眉をひそめる。

   白鵬はこれまでも格下相手に張り手を頻発するなど、横綱としては乱暴な取り口が目立つ。嘉風は張り手と突きで血を流していた。しこ名のまま年寄になれる「一代年寄」には、日本国籍が必要なことにいらだちを感じているのではといった観測もされるが、感情のままに相撲を取るのでは横綱ではない。相撲協会は注意ぐらいですませていいのか。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中