薬物の恐ろしさテレビはもっとやれ!麻薬取締官「人間やめますか授業」若者向け抑止効果あり
<世界一受けたい授業>(日本テレビ系)

印刷

   1限目の「社会」は「元麻薬取締官が教える!薬物汚染の恐るべき実態」というものだった。薬物逮捕された清原和博が保釈された週に放送するとはなんともタイムリーではないか。捜査畑一筋36年の元麻薬取締官・高濱良次先生による授業の手始めは、薬物がどういう手口で密輸されるかというところから。
   たとえば、大型ロードローラーのローラー部分の中が空洞になったところに、末端価格90億円相当の覚せい剤が隠されていたとか、冷凍エビの塊の中に埋め込まれていたとか、そんなケースが紹介される。
   荷物の中に紛れ込ませる例としては、蝋燭の中に埋めたり、ブラジャーのパット部分に入れたりするという。空港の検査官が女性の下着をチェックしづらいという心理を突いたものだというが、そういう手口を紹介して、模倣する人が現われたりしないのか疑問は残る。
   さらに、薬物使用で人がどうなってしまうかというものを写真で見せていたが、イケメン、美女がここまで顔が変形し、皮膚も腐ってしまうというなかなかエグいもので、これは怖い。こういう悲惨な現実を見せれば、興味本位で薬物に手を出すおバカな若者は減るのではという気もする。これは抑止力になるはずだ。
   2時限目も社会で「日本最大のアーカイブ!無料で使える国立国会図書館の活用法」、3時限目の食育は「家庭でも活かせる!食べ残しゼロ給食のヒミツ」。どちらも興味深い内容だったのでマル。(放送2016年3月19日19時56分~)

(白蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中