「虐待駆け込み」突き放した児相!「保護してほしい」無視され中学生自殺

印刷

   神奈川県相模原市で、両親から虐待を受けて児童相談所に通所していた男子中学生が自殺を図り、意識不明のまま1年3か月後の先月末(2016年2月)に死亡していた。相模原市児童相談所によると、最初に虐待がわかったのは2013年11月、生徒が小学6年の時で、顔のあざがあることから学校が児相に通告、児相は虐待と認定して両親を指導した。

   2014年5月に「親から暴力を受けた」と生徒がコンビニに駆け込み、相模原署が保護して児相に通告した。児相は6月から10月にかけて6回、両親と面接を繰り返したが、生徒は児相に「施設で暮らしたい」「家には居場所がない」「保護してほしい」と繰り返し訴えていた。

親に投げ飛ばされ脇腹殴打!学校からの通告にも「緊急性なし」

   その後、両親は面接を拒否し、生徒はなお「保護」を求めていたため、児相は「一時保護」を提案したが、両親は同意しなかった。10月に学校から児相に「父親から暴力を受けたと言っている」と連絡があった。父親に投げ飛ばされベッドで脇腹を打ったという内容だったが、児相は「緊急性を訴える状況でない」と判断して対応しなかった。そして11月中旬、生徒は親族宅で自殺を図り、意識不明となった。

SOS出していた

   この最終判断について児相は、「親子の関係が徐々に改善の方向に向かっていた」という。しかし、生徒は児相でも友達にも「家には居場所がない」とずっと訴えていた。両親は生徒を児相に通わせるのをやめさせ、母親は「児相へ行くことで、もともとのものがもっとギクシャクしてきた。児相は信頼していません」「虐待とは思っていない。理由もなく手を上げてはいない」と話していたという。

   父親も「子供のことを本当に考えてくれるかといえば、それはなかった」と児相の担当者を非難する口ぶりだ。「(暴力は)2回だけ。中学では殴っていない」と虐待を否定している。

救えるチャンスいくらでもあったのに・・・

   司会の小倉智昭「明らかにSOSが発信されていたのにねえ」

   阿部悦子リポーターは「会見でも、救えたタイミングが明らかになっています」という。ひとつは両親が「一時保護」を拒否した時で、児相は「(面接が続いている間)暴力がなかった。関係が改善している」と判断していた。もうひとつは最後に学校から暴力の連絡があった時だが、児相の担当者は「学校では明るく変わった様子がない」ということから、情報を上にあげていなかった。

   阿部「翌月に自殺を図るのですが、この日も父親とトラブルを起こして家を飛 び出していました」

   深澤真紀(コラムニスト)「児相は2つ役割がありますよね。親から引き離す『介入』と親子関係の再構築です。厚生労働省は児相は介入に特化して、親子関係は自治体に任 せたらどうかと話しています。今の体制では強く出にくいというのがあります」

   デーブ・スペクター(テレビプロデューサー)「コンビニに駆け込んだりしてるんだから、はっきりしていましたよ。そんな状況で『親子関係が改善』なんて単純すぎる」

   梅津弥英子キャスター「児相と両親がいってることに食い違いがありますよね。何かまだあるような気がします」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中