逃げたシマウマ「溺死」!麻酔吹き矢で動作鈍りゴルフ場の池転落

印刷

   愛知県瀬戸市の乗馬クラブから逃げ出したシマウマは、19時間の捕獲作戦の末、きのう23日(2016年3月)、ゴルフ場の池にはまり、引き上げた直後に死んだ。シマウマはオスで、体重200キロあった。

かわいそう

   ゴルフ場は営業をやめ、警察官が捕獲作戦を展開したが、シマウマにはライオンも一撃で仕留めるという蹴りがあり、興奮すると暴れ回る。ロープを投げてもよけられ、突進を止められない。進路をふさぐのが精いっぱいだった。

   獣医が麻酔薬入りの吹き矢を射かけ、矢があたって行動が鈍ったシマウマは5番ホールの池に転落し、引き上げて心臓マッサージをしたが溺死した。

   司会の加藤浩次「かわいそう。素人目には何かやりようがなかったかなと思っちゃう。そもそも飼っていた人間が逃がしてしまったということですからね」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中