2019年 8月 20日 (火)

乙武洋匡「不倫5人」バレた裏に参院選出馬の裏切り?寄らば大樹で自民党に乗り換え

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   乙武洋匡氏(39)の「五体不満足」は講談社から発行され450万部の大ベストセラーになった。先天性四肢切断という「超個性的な姿で誕生」(アマゾンの内容紹介より)した彼を見て、母親は「かわいい」といったエピソードや「障害は不便です。だけど不幸ではありません」という乙武氏の前向きな生き方が多くの読者に受け入れられ、ベストセラーになったのは間違いないが、一番の要因はタイトルにあると思う。

   私も編集者だからよくわかるが、もし五体不満足というタイトルを考えついたとしても、乙武氏には伝えにくかっただろう。これは乙武氏のほうからこのタイトルにしてくれといってきたのだ。本の扉に彼の全身を載せることも彼からの提案だったと聞いている。私も書店で見たが、タイトルと彼の笑顔の全身写真が載っている本のインパクトは『事件』といってもいいほど衝撃的だった。

   当時、早稲田の学生だった乙武氏は「重い障害を持ちながらも暗さや劣等感を感じさせない『向日性』を綴り、従来の『障害者観』を覆して世の中に清廉な衝撃を与えた」(週刊新潮)のである。その後、スポーツライターや日本テレビの報道番組「NEWS ZERO」のキャスターなどを務め、東京・杉並区の小学校で3年間の教員経験を経た後、2013年から都の教育委員も務めた。

   私生活では01年に早稲田の1年後輩の女性と結婚して3人の子宝に恵まれた。障害はあるが、彼の人生は幸せを絵に描いたような人生だと思われていた。次の参議院選挙で自民党から出馬すると報じられるまでは。

   まず、初めの躓きは友人を裏切ったのではないかという疑惑だった。乙武氏は松田公太参議院議員が代表を務めている「日本を元気にする会」から出馬すると、昨年(2015年)の10月、誓約書にサインしていたのである。それが寄らば大樹の陰と、自民党から出馬するとは、松田氏はもちろんのこと、多くの支持者たちからも不満の声が上がっていたのだ。

   そこに週刊新潮が超ド級のスクープを放ち、爽やかで清廉だと思われていた乙武像をひっくり返して見せたのである。結婚してから5人の女性と「不倫」していたというのだ。週刊新潮によれば、15年の12月25日、乙武氏と黒木華を髣髴させる20代後半の美女の姿が羽田空港の国際線乗り場にあったという。2人は周囲を警戒し、さほど離れていないのにスマホで連絡を取り合っていた。2人は「エールフランス293便」でパリへと飛び立ったが、飛行機の中での2人の会話まで載っているのだ。

   <乙武「俺ら一心同体でしょ」

   女「一心同体! 乙クンといる自分が一番好き」>

   2人はパリを経由してアフリカ・チュニジアの首都チュニスを拠点に、おおいに観光を楽しんだという。週刊新潮はご丁寧に彼らが泊まったホテルにも確認している。というのも、乙武氏の不倫旅行にはカモフラージュの男性がいつも同行しているそうだ。部屋は2つで、その男性が1室、もう一つの部屋には乙武氏と彼女が泊まっていた。

仲間内では有名だった乙武の女好きと絶倫自慢

   乙武氏はもともと女好きだと、乙武氏の飲み仲間がこう語っている。<「乙武の女遊びでしょ? 仲間内では有名な話ですよ。彼は猥談好きで、よく自分の『大事な部分』の大きさと機能を自慢しています。

   『僕は神様から特殊能力を授かった』『一晩に何回でもできる。最後までちゃんと"出る"』って」>

   さあ、乙武氏は週刊新潮の取材にどう答えるのだろう。最初は否定して逃げたそうだが、逃げ切れないと観念したのか、以下のように告白したという。<「その女性とは、皆さんが『そういう関係なんじゃないか』と思っているような関係です。(中略)はい、肉体関係もあります。不倫と認識していただいて構いません。彼女とは3、4年前からのお付き合いになります」>

   彼女に走った理由は、妻が母になり、夫婦らしさが次第に失われていったからだと語っている。それに、今回旅行に行った彼女とは別に一夜限りの肉体関係を持った女性が2人いたとも告白している。

   <「一緒に旅行した女性と同じような関係の女性がこれまで2人いました。はい、5人と不倫したということになります。妻には先週(3月第3週)、年末年始に旅行に行った女性との関係を告げました。泣いていました。非常に申し訳なかったと思います。私は教育者でもありますし、うしろめたさは常にありました。(中略)子どもにも......申し訳ない」>

   週刊新潮は乙武氏の生き方を「乱倫人生」だと書いている。障害を持つ人やその親たちに希望を与え続けてきた偶像が地に堕ちかかっている。

   乙武氏のスキャンダル発覚は誓約書まで交わしていたのに、それを裏切り自民党から出馬すると見られたことがきっかけだろう。雉も鳴かずば撃たれまいという諺がある。乙武氏も自民党の目玉候補として注目を集めなければ、女性関係を暴かれることもなかったのかもしれない。

   ホームページ上で乙武氏だけではなく妻の仁美さんまでがこう詫びている。「このたびは、夫、乙武洋匡の行動が週刊誌で報じられた件につきまして、多くのみなさまにご迷惑をおかけしたことをお詫び致します。このような事態を招いたことについては、妻である私にも責任の一端があると感じております。

   今日に至るまで二人でしっかり話し合った結果、3人の子どもたちのためにも、あらためて夫婦ともに歩んでいくことを強く決心致しました」

   どのような気持ちで彼女はこの言葉を絞り出したのだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中